あらゆる創作表現規制に徹底抗戦

 
■コミックマーケット65拡大準備会参加報告

文責:家津 蔵人

 C65(冬コミ)準備会拡大会議に参加いたしました。
 会議といっても、形式は「公演+質疑応答」といった感じでした。

 会場の受付では、チラシと署名用紙が配置されていました。
 会議参加者の何名かは、持って行っていました。

 10時15分からC65(冬コミ)準備会拡大会議が始まりました。

 まず、米澤氏がコミケの現状と近い将来について、お話されました。
 ビックサイト北側の駐車場が使えなくなるかもしれないというお話です。
 どうやら、消防庁の「来年の出初め式で使いたい」という要望により、
来年の1月7日頃まで工事が中止になるとのことでした。
 しかし、C66(来年の夏コミ)以降、ビックサイト北側の駐車場は
現行の約半分しか使えなくなるそうです。
 C66以降は徹夜組の仮収容スペースや会場前に並ぶ列の配置などが
現行と大きく変わるようです。

 10時45分頃から、話題が東京都青少年条例改定問題に変わりました。
 条例が改定されると、最悪コミケが開けなくなるとのことでした。
 また、緊急指定により、お店においてあるコミックが
突然有害指定されるケースも考えられるそうです。
 それ以外にも条例改定案には、
「青少年の深夜外出の禁止」、
「着用済みの衣服(いわゆるブルセラ)に対する規制」
など、多くの問題を含んでいるようです。

 11時6分頃まで、米澤氏はお話されました。
 11時16分頃まで、休憩時間になりました。

 休憩時間終了後、質疑応答になりました。

 質疑応答の内容(一部)は、以下の通りです。

Q1.各スタッフによって見解が分かれることがある。統一見解を求める
A1.会議終了後、スタッフ会議があるので再度話し合う予定。

Q2.当サークルはハーブソープを作っているが、出してはいけないのか?
A2.薬事法の問題があるが、今回は柔軟に対応したい。

Q3.いっそのこと、全部委託販売にしたらどうか?
A3.コミケットでは、単に同人誌の売り買いをするだけでなく、
  販売者と購入者とのコミュニケーションの場でもあると考えている。
   もし、全部委託販売にしたら、参加者が減少する可能性がある。
   第一、同人誌の売り買いだけなら、「●●のあな」を使えばいい(会場内笑)

Q4.C62、C63で署名をしていたが、そのときの署名とは別物か?
A4.C62、C63の署名は、国に対しての署名である。
   それに対して、C65の署名は、東京都に対しての署名である。
   よって、(C65の署名は)C62、C63の署名とは別物である。

Q5.C62、C63のときに署名をした人も署名は出来るか?
A5.先ほど回答したが、C62、C63の署名とは別物である。
   よって、C62、C63のときに署名をした人も署名出来る。

Q6.条例が施行されるとどうなるのか?
A6.この”条例”というのは、東京都青少年条例の改定案だろう。
   条例が改定されると、最悪コミケが開けなくなる。
   条例改定案では、成年向けかどうかを分けなければならないが、
  当日持参が多いコミケットでは、事実問題としてそれが不可能に近い。
   また、事前に分別すること自体、膨大な手間がかかるうえ、
  自由な雰囲気を基調としたコミケットではそのようなことはしたくない。
   当日、警察官や行政担当者がコミケットの本を緊急指定するような
  ことがあれば、それ以降、会場を借りることも難しくなるだろう。

 質疑応答終了後、コミケットスタッフの山口氏がC65の署名活動の
説明をされていました。
 説明が長過ぎるとのことで、途中で説明を打ち切られてしまいましたが、
最後に東京都健全育成条例改定に反対する市民有志Webサイトの説明をされていました。
 
12時45分頃、山口氏の説明が終了し、C65準備会拡大会議は幕を閉じました。

 

以上

※以上の文面は、東京都健全育成条例改定に反対する市民有志Webサイトの文面に誤字修正をしたものです。
 

 

inserted by FC2 system