平沢勝栄を経由して警察に届いた一通の手紙

拝啓

突然のお便り失礼いたします。

私は、高校2年生の息子を持つ一父親ですが、偶然息子の机の中に 卑猥なマンガ本を発見し、その内容に愕然としました。
タイトルは「姫盗人」
発行者:****
発行所:(株)松文館 〒171−0014 
東京都豊島区池袋*−**−* ****ビル3F
Tel 03−****−****

 そのマンガは、男女性器は詳細かつ卑猥に描写され、その内容も、 近親相姦、母子セックス、レイプなど尋常ではありません。 ヘアーヌード解禁になったのはよく承知していますが、こういった性器の 具体的な描写を伴うような出版物の発売は、明らかに違法ではないか、 きっと取締機関の方で気が付かないだけだと思い、藁をもすがる思いで筆を執りました。

 大人向けの雑誌なら未だなんとかなります。
 しかし、この本は、表紙を子どもが普通に読んでいる子供っぽいものに 細工して青少年が店先で買いやすいようにしてあり、購買層として青少年 をターゲットにしているのは明白です。極めて悪質、巧妙です。

 青少年が、性に対する知識を、こういった近親相姦、レイプなど極めて 不健全、変体満載のエログロ本から得ることは、必ず性犯罪につながります。

 なんら、社会に与える影響など全く考慮することなく、金さえ儲ければいいという発行者の姿勢には強い憤りを感じます。

 また、本には、上述のように住所電話番号まで堂々と明記し、さらに「過激さに自身あり」などと平気で書かれているのは取締機関への挑戦です。

 まだ日本は、刑法、都道府県条例などによって、こういった本の発売は 禁止できる良識ある社会だと確信しておりますので、どうか、こういった本に対し、早急に調査をしていただき、発禁処分にしていただくよう強く要望します。このままでは、うちの息子のみならず日本の青少年の将来はありません。切に宜しくお願いします。

敬具


トップページに戻る




inserted by FC2 system